トップページ >> 長い付き合いですが…

長い付き合いですが…

日曜日, 3月 19th, 2017 | zatu04 | 未分類

わきの下のアポクリン汗腺から分泌された直後の汗にはにおいはありませんが、細菌により分解されることによりにおいを発するようになるのだそうです。わたしがはじめてわきがかなと思ったのは、中学2年生のころだったと思います。思春期になるとこの症状が現れるのだそうです。漢字で書くと腋臭症[えきしゅうしょう)というのだそうです。もちろん、汗を多く書く夏はひどいです。Tシャツは何回か着ると黄色いしみができてしまいます。裸のままいるとそれほどの匂いはしませんが、シャツなどを着るとシャツに汗はしみこんで、それが乾燥してくるといやなにおいがします。特にひどいのが化学繊維のシャツを着ているときです。速乾タイプのシャツが今は多く出ていますよね。かっこいいプリントもあったりしてよく買ってしまうのですが、それがひどい。とんでもないにおいになります。思春期に発症するということで、年をとってきたら落ち着くのかなと思っていましたがそんなことはないようです。制汗剤でごまかすのですが、それでもやはり匂ってしまいます。夏場は2回は着替えます。ミョウバンがわきがにいいと聞いて、ミョウバンを使った製品を買った時はとてもよく効きました。いまは普通の制汗剤を使っています。

 

わきがクリームおすすめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です